>

タンブラーを使ってみよう

スープを持って行くことができる

ダイエットをしている人は、スープを主食にしている傾向が見られます。
野菜がたっぷり入ったスープは、健康的に痩せることができます。
お弁当のときも欠かさず、スープを飲み続けたいですよね。
ですが普通のランチボックスは、汁物を持って行くことが難しいです。
横にすると、すぐに液体がこぼれてカバンの中が汚れてしまいます。

大きめのタンブラーをランチボックス代わりに使用することで、スープも無事に持って行くことができます。
スープだけではなく、麺類をタンブラーに入れることが可能です。
従来のランチボックスでは持って行くことができなかった料理を、持って行くことができます。
レパートリーが増えるので、さらにお弁当の時間が楽しくなりますね。

温かいお弁当を食べたい

朝にお弁当を作って学校や会社に持って行くと、お昼にはすっかり冷めています。
仕方がないことなので、いつも冷えたお弁当を持って行っていた人が多いでしょう。
ですがせっかく食べるなら、暖かいお弁当が良いですよね。
タンブラーのメリットは、保温性に優れている部分です。
朝に温かいご飯やおかずを詰めていくと、お昼まで温かさが持続します。

ご飯やおかずを入れられる、大きいサイズのタンブラーが販売されているので購入してください。
温かさを維持することで、さらにおいしく感じると思います。
これまでのランチボックスにはない特徴なので、この機会にタンブラーに切り替えても良いでしょう。
実際に使うと、タンブラーの良さが具体的に分かります。


この記事をシェアする